So-net無料ブログ作成

疑うという事 [かため(当社比)の話]

「常識を疑え」
疑似科学のみならずアヤシゲな主張をする方は良く言います。
常識を疑うというところから新発見が生まれるそうだ。
それは確かに正しい。

思考とは、まさに疑う事である。
より正しい解とは、どれだけ疑ってどれだけ間違いを捨てられたかに依存する。

哲学という学問はまさにそうだ。
ありとあらゆるものを徹底的に疑っていき、最後に残ったものを真理とする。

科学は元々哲学だった。だから、科学も疑う学問だ。
ある現象について説明できる仮説を作る。
でも、その仮説は正しいのか?と疑い実際に確かめる。
なるほど、実験はうまくいった。しかし、これでいいのか?
実験は正しかったのか?他の要因の影響は無かったのか?
なるほど、この要因の影響も考えられる。それを除外してもう一回確かめよう。
やはり上手くいく。うーむ、他に無いのか...
少なくとも現段階でできる事は全てやったが、それでも仮説は支持されるようだ。
仕方が無い、ひとまずこれを正しい理論と考える事にしておこう。

疑えば疑うほど、せっかく作った仮説は捨てられていく。
しかし、それをもったいないと感じるのは見当違いだ。それは間違った仮説なのだから。
累々たる間違った仮説の上に、ほんの一握りの「正しい理論」が生まれる。

人が最も苦手とするのは「自分自身を疑う」事である。
しかし、哲学や科学や高度な思考は、当然のごとくそれを要求する。
だからこそ難しいのであるが、だからこそ結果に価値がある。

しかし、アヤシゲな主張をする方々の多くは、それができない。
自分の”常識とは異なる”「直感」、「ひらめき」、「発想」を疑えないから
その代わりに「常識を疑え」と言っているにすぎない。

「常識を疑え」とご高説を垂れる者がいれば、こう言おう。
「じゃぁ、非常識ならもっともっと疑わなくてはいけませんね」と。

常識を疑う必要は、非常識を信じる理由にはならない。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 2

zanki

>常識を疑う必要は、非常識を信じる理由にはならない。

勿論そーですよね。
by zanki (2008-02-16 20:42) 

Judgement

nice!ありがとうございます。
(このシステムの意味が今ひとつ分っていない私ですが)
そうなんですよ。
あと、類似品に
「相手の主張の間違いを示す事は、自分の主張が正しい理由にはならない」
というのもあります。
by Judgement (2008-02-17 21:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。