So-net無料ブログ作成

ABOFANらしい撤退宣言 [kikulog「血液型と性格」関係]

さてさて、Kikulogにおいて、ABOFANさんの撤退宣言が出たようです。
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1202024086
早い、早すぎる。3ヶ月ぶりに再登場したのは昨日だぞ。
もはや、”熟考”を望む事すらできないほど、能力が低下しているのか?

Kikulogのコメントにいくらか書きましたが、ここでも少し感想を。

自分で勝手に来て、散々居座って、そのくせなんら有効な攻撃ができず、なんら有効な知見を残さず、敵ばかり増えて、最終的に何もできず勝手に去る。

...どう繕おうと、撤退は敗退かと

「黙らせたら勝ち」と思い続けて、その判断を他者にも押し付けてきた人が、よりによっての場所に足を踏み入れ、自分が黙らざるを得ない状況に陥った際の葛藤がよほど大きかったのでしょう。

「見損なった」と感じた人もいたようですが、私は正直そう思えるほど信頼してはいませんでした。

むしろ、『溺れるものは藁をもつかむ』の状態に陥った彼が
「藁を浮かべておいたのが悪い」とあくまで人のせいにし続けてわめき
藁を握って沈むその姿は、まさに「ABOFAN氏らしい」幕引きかと。


まぁ、再登場から撤退宣言までの愚発言の解析は後日ゆっくりしていきたいと思いますが、とりあえず今後のABOFAN予想

>なお、気が向いたら、またお邪魔することもあると思います。
>その時は、暖かくお迎えいただければ幸いです。

などと不穏な事を言っておりますが多分また来るのでしょうね。
自分がしゃべるとボロが出る、と言う事がようやく分かって
誰かのボロを見つけるまで、黙って隠れていようという魂胆か。
あるいはもっと才能が有る人の登場を待って、尻馬に乗るつもりか。

あの芸人の『今日のところはこのぐらいで勘弁してやる』というオチを思い出しました。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 2

トンデモブラウ

言い繕うのがレーゾンデートルな人なので、また帰ってきてヨタ話をするんでしょう。
池野メダカを引き合いに出しては可哀そう。
吉本新喜劇も水戸黄門も、マンネリしたものをちゃんと見せる芸当を積み上げた上にきちんと身につけている訳で・・・
by トンデモブラウ (2008-06-05 11:07) 

Judgement

レーゾンテートルなんて難しい言葉使っちゃいやん(思わずググっちゃいましたよ)。
もしかすると、言い繕いたいがために、わざとあんなどうしようもない発言をしているのでしょうかね。

でもあそこまで、人の話を聞かないで、自分の薄っぺらい主張を押し通す事に熱を上げ、周りから「ひとりで空回りしている」ように見られている事に一切自覚が無いというのは、ある意味”人には真似できない芸”なのではないかと(真似したくもないけど)。
by Judgement (2008-06-06 01:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。