So-net無料ブログ作成

言動からのABOFAN評 ~その4~ [ABOFANってどんなキャラ? ]

 3つでやめようと思ったけど、もうひとつ。
 ABOFANクンは多重債務者に似ている、って話。

 ホントの”議論”においては、各人が、例えば「心理学」や「科学」や「統計」を勉強し、咀嚼して、その上で、それらを使って自分の意見を組み立てる。
 そして、それら勉強した対象は、自分の意見のベースになのだから、当然自分なりの説明ができる(もちろん、勉強が足りなくて、説明したら間違いを指摘される事はあるが)。

 これを、「勉強という働き」をした結果得た「収入=金」としよう。
 ”議論”とは、その金で「正しいと言う評価」を買うものと考えてみる。
 

 ところで、ABOFANクンは、議論、議論と言うくせに、何かを突っ込まれるとすぐ
 「心理学ではそのはず」とか、
 「科学的にはそのはず」とか、
 「統計的にはそのはず」と言ったりする。
 でも、本当にそうなのか、妥当性の理由の説明ができない。


 彼は、”自分の主張は無い”と言う。
 確かに、他人の主張や、各学問の理論を、うわべだけ借りて使っているだけ。

 これは、「勉強と言う働き」をしないで、安易に「借金」し、その金で「正しいと言う評価」を買おうとしているって事。

 しかし、当然「借金取り」が来る。
 『あなたが科学的だと言っている事は、全然科学的ではないですよ』
 と言って”ABOFANクンの虚勢の源”である金を取り立てようとする。
 さぁ大変。金が無ければ自分の欲しい「正しいと言う評価」が買えない。

 でも、借りたものは返さなきゃ。
 今度はきちんと「勉強と言う働き」をして、収入を得、その金で「正しいと言う評価」を買おう
 ...とはABOFANクンは思わない。

 また別の所から安易に金を借りて、「正しいと言う評価」を買おうとする。
 今度はそこからも「借金取り」が来る。
 そうなると、やっぱりまた別の所から安易に借りる。

 自分の金でない、という意識が有るから、平気で浪費する。

 だんだん、返しきれないまま、借金が重なってくる。
 彼の周りには「借金取り」ばかりが集まるようになる。
 それでも彼は、働かず、他に借金できそうな所を探し回り
 そんな場所が見つかれば、安易に借りて、また使おうとする。

 
 という事で、ABOFANクンはそんな多重債務者に似ている。


 ABOFANクンがいる掲示板で生じる喧騒は、つまるところ
 「安易に借金を重ねる男」が「借金取りに責められる」という状況にすぎない。


 彼の財政はとっくに破綻状態。
 ただ、彼は頑として「自己破産宣言」はしない。
(でも、たまに「撤退宣言」という”夜逃げ”をしようとする)。

 そのうち「貸すほうが悪い」って言い出しかねないね。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 2

トンデモブラウ

ABOFAN氏の言葉のニュアンスを正確に伝えると、「科学(心理学、統計学、数学・・・)ではそのはずですが、○○さん大丈夫ですか?正直○○さんに理解できるように説明する自信がなくなりました。(*_*)」という感じ?
でも彼は、安易に多重債務を負っている人と言うよりは、空手形乱発の不遜な詐欺師でしょう。
未だに「いや儲かるハズだ!」という姿勢は崩していないし。(最近ニュースよく目にする光景だなぁ・・・。)
問題は、なぜ騙されるのか?なのでしょうか。
by トンデモブラウ (2009-02-09 10:07) 

Judgement

 実は、この記事の発想は、例のマルチ詐欺事件からです。
 とはいえ、「空手形乱発の不遜な詐欺師」は、ある程度作為的にやっているのでしょうが、私の目に映るABOFANクンはそこまでの余裕が無く、本当にアップアップな感じがしますので、『多重債務者』の方に例えました。
 おそらく「宝くじでも当たれば返せる」といった感じで、「決定的な科学的実証」を誰かがやってくれるまで、その場しのぎの自転車操業を続ける気ではないかと。
by Judgement (2009-02-10 00:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。