So-net無料ブログ作成
検索選択

「香山リカのスピリチュアルを考えよう!」 [書評]

全3巻、香山リカ・中塚圭骸 著 汐文社 初版2009/3

 図書館に行ったら発見。
1巻 霊感ってなに?
2巻 占い・カルト宗教ってなに?
3巻 ニセ科学ってなに?

 菊池誠氏との対談本「信じぬものは救われる」も出した香山センセイ、彼女はスピリチュアル批判をやってますが、こんなシリーズ本を出していたんですね(ちなみに、中塚圭骸さんは、香山センセイの実弟だって)。
 児童書のブースにあったから、おそらくは小学校高学年~中学生向けの本なのかな。
 
 子供向けでかつ香山リカ著ということで、「ニセ科学」マニアには盲点かな、と思ったので、第3巻だけ借りてご紹介。


 中学生の里奈ちゃんを中心にしたストーリがメインで、所々に香山センセイが解説をする流れ。
 里奈ちゃんの両親が「波動パワーの水」マルチにはまり、おじのケイタ兄さん(理系の大学生)に相談する、という始まり。

 で、「ニセ科学に詳しい」というケイタ兄さんの先輩、”丸山さん”が、「波動というのは元々物理学用語だけど、波動パワー水の波動は全く関係ない」という話をする。
 「ニセ科学」マニアなら、どっかで聞いた事がある内容だと思う。

 また、ケイタもこんな話をしている
『「科学者」を名乗る男が、一冊の本を出した。それが「水からのメッセージ」。これが...』
 
...「水からのメッセージ」...(笑)

 一応この本は、「このお話は架空の物語であり、実在する団体・個人とは一切関係有りません」のスタンスで書かれているんだけど、あまりのストレートな「架空名」に笑った。

 で、水からの伝...もといメッセージを先生が道徳の授業に使い、反発した子供を叱るという問題を話した後、丸山さんが「ニセ科学とは何か」を説明する。

 これが、明らかに菊池教授の「ニセ科学入門」を中学生向けバージョンにしたもので、「ニセ科学入門」好きは必見だ!(香山センセイ...当然許可は取ってますよね...)。
 
 最後、「波動パワーの水」の胴元が逮捕されて、お父さんもお母さんも間違いに気付き、めでたしめでたし。
 

 香山センセイだから、「ニセ科学」の話よりも、何故騙されるか、騙しの手口、マルチの問題、マインドコントロールといった心方面の問題が中心といった感じ(こっそりと、「脳トレ」も批判しています)。

 実は香山センセイには、なんかうさんくさい人という印象を持ってはいるケド、こういう本を「子供向け」として出すのは好ましく思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。