So-net無料ブログ作成
検索選択

論理的に考えるコト・番外編~はじめに~ [他ブログいっちょかみ]

 えっと、「論理的に考えるコト~「心の闇」編~」の内容について、あちらのやりとりの当事者であるspiklenci-slastiさんから異議申し立てがあった。
 その返事を書いたけど、非常に長くなったので、コメント欄ではなく、記事として返信する。


【私のspiklenci-slastiさん評(過去)】

 まずは、この私信的なものに答えておく。
いったいなにが言いたいのかといいますと。 Judgementさんがお蔵入りになさったこのエントリの残り3/4が、かりに、すでに書きあがっていたのだとして。そこに、わたしに対する批判的言及はふくまれていたのかな、と。

 今更下書きを読み返す気はないけど、spiklenci-slastiさんに対する批判的言及はしてなかったハズ。
 強いて言えば、「ublftboさんのこの話題に対する能力不足がアリアリと分かるのに、それでもなおネチネチと話に付き合わせようとするのが意地悪だなぁ」、なんて事は書いていたけど、それは私にとってはどちらかといえば好意的な評価。

 spiklenci-slastiさんについては、あんなublftboさんの難解な発言をどうにか理解しようと根気強くインタビューを繰り返す態度、そして所々で明らかにする名推理から、高い対人能力と分析能力を感じてまして、お蔵入りにした部分の多分1/2ぐらいは「でもまぁ、この話はすでにspiklenci-slastiさんがつっこんでいるから、私が重ねて言うことも無いだろ」という理由で削ったものだった。

 
【私のspiklenci-slastiさん評(現在)】

 だけど...こちらに投稿されたコメントを読んで正直幻滅した。
「貴重なご意見ありがとうございました、今後の参考にさせていただきます」的な対応で捨て置いてやろうかとも考えたほどね。

 でも、その中の一部だけは、かのやり取りの中で見せた能力の片鱗が伺えた。
 良いものは良いと言いたいし、そのおかげで自分の考えが変わったのなら、それは言っておきたい。

 とはいえ、一部についてのみ言及し、残りについては『なお、言及しなかった部分の正当性についてわたしがなんらかの意思表示をおこなったとは考えないでください。』な~んてセリフは私は言いたくないので、他の部分にも言及するコトにした。

 まぁ、ublftboさんのとこではすばらしい船頭ぶりを発揮し、興味深いやりとりをみせてくれてネタを提供してくれたコトに対するサービス、とでも思って欲しい。


【とばっちり?】

 なお、コメントではこんなコトもおっしゃっていますが...
また、この「依存」の埋め合わせとなるかはわかりませんが(というか、ならないと思いますが)、わたしのこのコメントをあんまりなものと思われた場合に、Judgementさんがそれをさらなる「心の闇」解説エントリの土台となさることについて、「どんどん書いちゃってくださいな」というコメントを、先手を打ってここに書いておくことにします。こちらもどうぞご検討ください。

 ああ、まったく埋め合わせにはなりませんが(きっぱり)、そこまで言うならそれなりに対応して差し上げます。

 だけど、この「どんどん書いちゃってくださいな」という宣言が本音ではなくて、実際には色々文句言われるのは「疲れるし、気持ち良くないからイヤだ」と思っているなら、悪いことは言わないから読まないことをお勧めする。

 いや、それはspiklenci-slastiさんのため、というか私のため。
 どうもその手の人の中には、「気分が悪くなると」それを解消するためだけに、言いたいことを言い散らかしたあげく、「もーこねーよ」と後ろ足で砂をかける輩がいるようだからね。
 一生懸命書いた上にさらに迷惑までかけられるぐらいなら、最初から読まないでくれた方がありがたい。

 ただ、spiklenci-slastiさんのコメントからこの記事をアップするまでの間に、PseuDoctorとかいう人にかなりイラつかせられたから、その分私の中でのspiklenci-slastiさんへの風当たりは弱くなったから、批判も当社比60%ぐらいに押さえられている気がする(たぶん)。

 その代わり、と言ってはなんだけど次から述べる注意事項を守って欲しい。
 守れないと思うなら、さっき言ったように「読むな」。
 これは、お願いではなく要求。

 いや、spiklenci-slastiさんが信用できないわけではないけれど(だけど、信用するほど親しくないけど)、そんな人とは思っていなかった人に非常に幻滅するような事をされたからちょいナーバスになっているのだ。「万が一の保険」とでも思って欲しい。
 文句があるなら、PseuDoctorとかいう人に言ってくれ。


【注意事項】

 まず言っておきますが、spiklenci-slastiさんには特に返事は強要しません。
 モチロン、返事してもかまわないけど、その際は下記のような事にご注意を。
「返事はしません」とかいう“返事”をワザワザ残すな。

 無意味の極致です。絶対やめてください、勝手に黙って消えてください。
「まずはありがとうございます、詳しい返事は後日します」とかいう、守れるかどうかもわからん予告をするな。

 色々書かれたら、何か言いたくてウズウズするのは分かるけど、「自分の体面を保つため」だけのためのコメントは私にとって正直どうでもいい、というか非常にイラつくので絶対書き込まないでください。
「とりあえず」と銘打った中途半端な内容の返事はするな。

 「とりあえずはお返事するのが礼儀じゃないのか」なんて思わなくて結構。
 それなりに頑張って書いたものに対し「とりあえず」で返事をするのは非常に無礼だと考えてクレ。
 
 とはいえ、「返事するなら書いたこと全てにコメントしなければならない」なんて無茶は言いませんよ(そんな事されたら、コメント欄が無茶苦茶になる)。
 どうしても返事を書きたいと言うならなら、
全部読んでから、しっかり考えて、その上で「どうしても伝えたいこと」、「どうしても指摘したいこと」だけを書いてくれればそれで十分。

 なお、「とどめておきます」なんて含みを持たせる書き方をしたらアウトだからね。
言うべきコトなら全部言え。
ただし、言う事の意味が自分にしかない事は言うべきコトではない。

 言うべきではないコトとは...
後から「期待していた事と違う」とか「言って欲しかったのはそうじゃなくて...」なんてたわけた事を言うな。

 私は、私の視点・私の論点・私のスタイルでしか評価できませぬ
 それを分かってお願いしているという前提で書くから、spiklenci-slastiさんが何をどう批評して欲しいのかなんて一切気に掛けないよ。
反論は大歓迎だけど、言い訳はするな。

 「こういうつもりだった」「こういうことがわかって欲しかった」などと後からグチグチいう輩がやけにいるけど、そういう言い訳をする暇があったら次から「もっとわかるような書き方」ができるよう文章を磨け。
 「説明不足」があれば、ただ粛々とそれを補足せよ。
 ...と言っても、人間どうしても言い訳はしたいものだろうからちょっとは許す。
 でもその時に「自分の思いをただ垂れ流す」のはやめてね、気持ち悪いから。
 私が「なるほど!確かにそうだ」と素直に思い直せるような筋の通った言い訳をしてくれ。
「自分を分かって欲しい」的な反応はやめて。

 念のため言っておくけど、私はカウンセラーではない。あなたのお母さんでもない。
 見当違いの人間にすがるのはやめましょう。

あとは
安易に「批判のためにこじつけてるんだぁ」なんて思う事で溜飲を下げるな。

 私は「批判のための批判」をする気はないし、そんなくだらん事のためにわざわざ時間を割く気もない。
 間違い、思い違い、カン違いは当然あると思うけど
 少なくとも本気で思ったこと、考えたことを書くようにしている。
 なのに、このような安易な結論に飛びつかれるなら、私に書くメリットは無いし、あなたもわざわざ読むメリットはどこにも無いだろう。

 まぁ、具体的に明記する注意事項はこのぐらいにしておく。
 あとは、あなたの人間性で判断してくれ。
  
 人の文章を読んで、それについて書くのは非常に大変なんですよ。
 (これも何日も時間を割いて書き上げました)
 だけどそれも一応サービスとしてやっていますので、見返りは求めません。
 安易な賛同や、上っ面の感謝を形式的にして見せる必要は全くありません。
 つうか、するな。

 その代わり、「書いた労力」を無にするどころか、それ以上の徒労感を与えるマネはしないでね。


【最後に】

 まぁ、この注意事項はとりあえずspiklenci-slastiさんだけに適用って事で。
 (一応はspiklenci-slastiさんのために書いた記事ですから、特別扱いです)

 以上、納得したら本編にお進みください。
 注意事項の意味が分からないのなら、分かるまで先に進まないでください。

 なお、その他の方で、「そりゃおかしい」とか「spiklenci-slastiさんがかわいそう」などなどご意見がありましたら、お気軽にお書き込みくだされ。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。