So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

事象関連電位(ERP)に関するガイドライン一部抜粋 [用語など]

 最近調べものをしていたら、参考になるものがあったので引用しておきます。
 一応これは、事象関連電位(ERP)という研究におけるガイドラインに掲載されていたものですが、本文中にもあるように、全ての研究領域に共通する事だと思う。
 このあたりの事を、「血液型性格関連説」の提唱者は認識していない事を認識して欲しい、


 すべての研究領域でいえることだが,“あてずっぼう”でいろいろやってみようと漠然と思うのは,データが豊富にある研究では特に危険である。時間軸と頭皮上に拡がった膨大な量のERPデータでは,さまざまな時間帯と電極部位を試行錯誤的に分析することで,事後的な誤った結論にたやすく辿りついてしまう。巨大なデータ配列があると,理論的に正しいと認められなかったり,追試に耐えなかったりする“有意な”結果が簡単に得られる。そのため,仮説は具体的でないERPの変化についてではなく,特定のERP測定値について述べるのが望ましい(たとえば,実験操作によってERPが何か変化するだろうではなく,実験操作によってP300の潜時が延長するだろうと書く方がよい)。


「心理学のための事象関連電位ガイドブック(入戸野宏著・北大路書房)」における要約より引用

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。