So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

友人の悩みに対する処方箋 [他ブログいっちょかみ]

『TAKESANさんのところの記事「悩み」を読んで思った事』
http://seisin-isiki-karada.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_cb7b.html
ある人が、ある事で悩んでいると言っているとする。
経験上なんだけど、そういう人は「悩みを解決して欲しい」とは思っていない。
だから「自分にそれが起こったら」なんて考える必要はない。

実際は、相手は次のどちらかを求めている
・「悩む事じゃないよ」と安心させて欲しい
・「それは大変だ」と同情して欲しい
さてさて、その判断は難しい。
悩みの深刻さ、相手おける自分のキャラの位置付け、エトセトラエトセトラ


でも、私はそういった難しさを解消する必殺技を持っていた。
実は占い師の真似事ができたのだ(占っていたのは知り合いだけ、モチロン無料)
そしてそれは「結構当たる」と評判だった。

使う道具は「タロットカード」
良く当たると言われた秘訣は、カードの神秘...では多分無く
『カードをどう解釈してあげるか』に腐心したところだろう
抽象的かつ、意味ありげなカードはうってつけの舞台装置

そのテクニックを特別に公開してみる。


大抵の悩み事は、「どうすればいいか分らない」という事ではなく
「どうするかはほぼ決まっているけど、それをしていいのか不安だ」というものなんです。

だから、私はその人がどうしたいのかをコールドリーディングした上で
「カードの解釈」として、次のような事を述べていました。

・ コールドリーディングした文脈に沿ってストーリーを展開させる
・ その場合起こり得ると自分の経験上予測できる障害を「警告」として示す
・ 「成功した世界」と「成功しなくても、別の道が開けた世界」の2つの結末を示す
・ 「どちらの結末になるのかは、あなたの決断と、警告への対処次第」としめる


まず、「本当はこの人はどうしたいのか」当てる、これが肝。
あとは、一般的な助言と、「きっと上手くいくよ」的な事を言えばOK

普通の友人としての助言と何も変わらないけど、多分友人の立場で述べたら
「あんたには分んないわよ」とか、「でも、上手くいかなかったらどうするの」とか
きっと、わだかまりが残る。

でも、私という”いわゆる他人”の意見としてではなく、
「タロットカード」という神秘的なものが啓示していると言われると
わだかまりもなく「そうかな」と腑に落ちるようです。

多分、最終的には自分が内心決めていた事をするし
そうすると常識的に起こり得る障害は起こるし
それを乗り越えられれば当然ハッピーになるけど
万一、乗り越えられなくても希望を残しておく。

だから、私の占いは「当たる」と思われていたのでしょうね。


※ ちなみに、私のHNもタロットからいただきました。
  このブログの私を示す絵が、「Judgement」のカードです
  なお、カードは「最後の審判」をモチーフにしたもので、「終末と再生」の隠喩デス
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 5

pooh

はじめまして、かもしれません。

お書きのようなことは占いの正しい用い方、と云うか、活用法だと思います。
タロットの場合は、絵柄から占う側が話を展開させるためのヒントを得られる、と云うのもあると思います。
by pooh (2008-05-30 08:29) 

Judgement

たぶんはじめましてじゃないけど
念のためはじめまして

まさに、poohさんのおっしゃるとおり、ヒントを得るんですね。
占い師現役時代の私の考え方としては、「ロールシャッハテスト」等と同じものという位置付け。
それを用いる事で上辺ではなく、「本当に言いたい事」が意識に浮かび上げるツールと捉えていました。

結構辛辣な事を言う事もあったけど、あくまでそれを言っているのは(表向き)「カード」だから、私も気を使わないし、相手もそう気を悪くしない。
便利便利

それに、そういった辛辣な事こそ、本質をズバッと捉えてたりするんです。
by Judgement (2008-05-30 22:42) 

憂鬱亭

はじめまして(ですよね、多分)
ここ2週間ほど、ROMさせてもらってました。

タロットの件、私もそっくりと言って良いほど、同じことをしてました。
相手の反応を見たり、すでに私が得ている各種情報を総合したりして、
依頼者の状況を、まず言い当てます。
(私は、10枚並べる、という入門書どおりのことをしてました)
勿論、カードを読む、という形で表現するのですが、一枚のカードで20通りくらいの意味が書物には書いてありますから、
それを3枚組み合わせて表現しようとすれば、言いたい事はたいてい表現できました。

あとは、未来については依頼者が言って欲しいことを踏まえつつ、
さりげなくわたしの意見を混ぜてやれば占いの一丁あがり、です。

30年前の公称的中率9割の占いの種明かし、でした。
by 憂鬱亭 (2008-05-31 01:13) 

Judgement

はじめまして...ですよきっと。
う~ん、でも他人とは思えない

私も多分同じ方法が主でした
(多分クロススプレッドとかいう、十字配列と、4枚縦に並べる奴)
その他、V字状に並べる二者択一用の並べ方も結構ニーズがありましたが
(大抵は、AさんがいいかBさんがいいか、とか告白すべきか否か、ですから)

タロットカード手にしたての頃は(高校ぐらい)、
本片手に、紹介されている『意味』を参照してましたが
それを止めて「感覚的に解釈」するようになってから開花しましたね。
by Judgement (2008-06-02 00:20) 

トンデモブラウ

私の持っているタロット・カードは、PlayingCard用なので隅にインデックスがついてます。
日本ではあまり見ませんけど。
占いだけでなく、タロット・カードも活用してください。
PlayingCardもいろいろあって面白いですよ。(インデックスがないと遊び辛いですけど。)
by トンデモブラウ (2008-06-02 11:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。