So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

最後の審判 [ここに来た皆さんへ]

 いつのまにかこのブログを立ち上げて丸1年がたちました。そこで、あらためてJudgementのHNの由来を述べたいと思います。
 以前「友人の悩みに対する処方箋」でも述べましたが、タロットカードの20番目のカードからです。

 このカードはヨハネの黙示録の「最後の審判」をモチーフにしています。
 いわゆる「ハルマゲドン」の話ですが、けっこうこの天使が酷い奴なんですよね(←不遜すぎ)。
 ラッパを吹くたび地上はどんどんすさんでいきます。

 第1のラッパで血の混じった雹と火が出現して地上に降り注ぎ。
 第2のラッパで海の三分の一が血に変わり、海の生き物の三分の一が死滅
 第3のラッパで川の水の三分の一が苦くなり、多くの人間たちが死滅
 第4のラッパで昼間は今までの三分の一の明るさになり、夜はさらに暗くなる。
 第5のラッパで登場するイナゴが人間を毒によって苦しめる。
 第6のラッパで解き放たれた天使達は人間の三分の一を殺します(!)。

 それでも、三分の一の人間は生き残り、しかもその人達は、偶像崇拝を行い、呪や淫らな行為、盗み、殺人をやめようとはしないようです。

 第7のラッパで、地上に稲妻や大粒の雹が降り注ぎ、地震が起こります。
 そして、数々の悪魔が姿を現し、聖なる者を打ち砕いてしまいます。そして、自分の像を作り、それをあがめる者には「獣の数字666」の刻印を刻み、あがめぬ者は殺します。

 そんな地獄絵図の中、第七の天使が神の怒りを詰め込んだ鉢を空中に注ぐと、天使の軍団が悪魔やニセ預言者を滅し尽くし、地上には平和が取り戻さられます。そして、最後に全ての死者が神の御前で「最後の審判」を受け、「第二の死」か「復活」に振り分けられるわけです。

 つまり、あえて試練を与え(災厄をもたらすのが、悪魔ではなく天使である点に注目)、徹底的に膿を出して、最後にそれらを殲滅し、選ばれた者のみ復活させる、というお話。
 (かなりはしょって、かつ不正確ですが、聖書研究されている方、大目に見てください)。

 そういった背景から、私が占いをやっていた頃、このカードの意味は「終末と再生」と解釈していました(解釈は人によって違うと思いますが)。


 このようなカードの名前を自分に冠してみた意図については次回に...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。